自然

2006年5月10日 (水)

働き者(虫?)&名建築家(虫?)-クマゼミの幼虫

Semiyochu01 先月の末から今月初めの数日間沖縄は例年のごとく雨でした。

「ゴールデンウィーク思いっきり楽しむぞ~!!」と気合いが入っていた方々にとっては少し出鼻をくじかれる天気になったかも知れません。

でも、庭の草花はとても喜んでいるようです。みんな活き活きとしていました。

雨が上がった庭に出て、いつものように花たちに声をかけつつひと花ひと花を愛でていると大きな木の根本にひとつ穴が開いているのを見つけました。

顔を近づけてよくよく見ると、何とクマゼミの幼虫が、2、3日降り続いた雨で壊れたのか、せっせと地面に穴を掘り巣の修繕をやっているようです。

成虫になるため地面から出てきて脱皮する幼虫は何度か見たことがありますが、巣を修繕する幼虫は生まれて始めてみました。

とても器用に土を掘り、そして穴の外へ運び出しています。とても働き者(虫?)です。

なんと、午前から午後にかけて5時間以上ほとんど休まず働き続けました。

あんな小さな身体のどこにあれだけのバイタリティーがあるのか本当に不思議です。

夕方もう一度見てみると穴の入り口は運び出した土でとてもきれいにふさがっています。

まさに家造りの名人です。

「見て、見て! このセミの幼虫チョ~すごいぜ!」

「わぁ~! じょうずに穴ほっている~!」Inpachencu02

わが家の子供たちも、幼虫の名人ぶりに感激し、顔を近づけ、写真に撮り、飽きずにずっと様子を見守っていました。

自然の小さな営みに親子共々とても感動した一日でした。

自然は動物にしろ植物にしろはたまた景色にしろまさに最高の芸術作品です!

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック