« 2011年12月 | トップページ

2012年1月

2012年1月 4日 (水)

「不可能だ-ということを信じない」

Hatsuhinode01昨年中は、このサイトに訪問して下さいました沢山の方々に本当に励まされました。心より御礼申し上げます。また、今年もよろしくお願い申し上げます。

いよいよ新しい年が明けました。世の中の経済状況や政治情勢は本当に厳しいものがありますが、それらを吹き飛ばすような大きな夢と希望を持ってこの一年を過ごせますよう祈っております。

タイトル欄にも記しましたが、毎日の生活の中で、家族や夢実現のために一生懸命に働いている皆さんが、時には暗く辛いこの人生、少しでも心癒され、元気になって、頑張る新たな力や自らの夢を叶える力を得られるよう、毎日の生活の中で感動した事や言葉、感じたこと、心温まる話、学んだ事柄等を記します。

新たな年を迎え、心機一転メッセージの配信に力を注ぐつもりですので、よろしくお願いしま~す。

Word01さて、以前にも話したことがありますが、マイクロソフト社のワープロソフト「Word(ワード)」を開発したリチャード・ブロディという人がいます。私は個人的に「ワード」よりも「一太郎」が断然すばらしいと思っているのですが、でもあれだけのソフトを開発できるというのは本当にすごいことです。

その天才的な才能を持つ彼が次のように語っています。

「できない、才能がない、もう限界だ、私には難しすぎる……。そう信じないようにすれば、自分にとって一番大切なことを、実現できる時期は早まる。」

どのようなことにチャレンジするにしても、彼のこの言葉を心にしっかり刻んで取り組む必要があります。そうするならば必ずや大きな成功を収めることができるようになるでしょう。

私には大きな夢があります。その夢の実現のために毎日一生懸命努力しています。私もこれまでは「できない、才能がない、もう限界だ、私には難しすぎる……。」と何度口にしたか分かりません。が、今年はそのようには決して思わず、口にも出さず、さらに心と力を注いで頑張りたいと思っています。

「人事を尽くして天命を待つ」という名言がありますが、私はいつも最初と最後を逆にして口にしています。すなわち「天命を信じて、人事を尽くす」です。

先日の記事「世の為、人の為に天与の道を歩む」でも記したように、天与の使命を堅く信じ、日々の生活の中であらゆる助けを天に求めつつも、自らのできるすべてのことを行うよう努める時、天は必ずや道を開き、人々の幸福のために手がけるすべての事柄を実現していく力を添えて下さると信じています。

「できない、才能がない、もう限界だ、私には難しすぎる……。そう信じないようにすれば、自分にとって一番大切なことを、実現できる時期は早まる。」これが今年の私のモットーのひとつです。

2012年1月 3日 (火)

「結婚の贈り物」

Eternalmarriage01「結婚の贈り物」と題するすてきな詩を見つけました。私たち夫婦も昨年結婚25周年の銀婚式を迎え、時の流れの速さに少し驚きの気持ちも覚えています。

子育てや仕事の転職などに多くの苦労も重ねてきましたが、それらのチャレンジは世の常でむしろそれらを通じて多くのことを学び成長できたと心から感謝しています。

そしてこの25年間は本当に幸せなときだったと実感しています。まだまだ未熟者ですが、以下の詩を心に留めつつ、金婚式へ向けてまた今日から精進します。皆さんもこのすてきな詩をじっくり味わって下さい。

「結婚の贈り物」

Presents01

主よ。結婚はあなたからの贈り物
当然の権利ではありません。
ですから
どうか夫と妻の関係を
強いものとするように助けて下さい。

互いに敬い互いに愛することができるように
相手の立場を理解できるように
努めさせて下さい。

率直に話す時にも、優しく
忍耐する時にも、ユーモアを忘れず
時には誤りを犯す弱い存在であることを
互いに認め合う力をお与え下さい。

喜んで家庭を解放し、
私たちの幸福を人々も共にできるように
人々の喜びや悲しみを理解できるように
主よ。導いて下さい。

このすばらしい贈り物を
主よ。感謝します。

正しく用いることができるように
助けて下さい。

(メアリー・ハサウェイ「愛の記念日」より )

Rose01未熟な私たち夫婦が、夫婦円満のための座右の銘としている言葉がいくつかあります。それらも以下に紹介します。

夫婦が円満であれば、家庭は心癒される居心地の良い場となります。家庭が強まれば、地域社会が強くなります。地域社会が強くなれば、国はさらに強く大きく発展していくと思います。

最も大きな力をもたらす、夫婦円満へ向けて一緒に務めましょう。

「指輪や宝石は贈り物ではなく、贈り物の単なる代用品に過ぎない。本当の贈り物はただひとつ、自らを捧げることです。」(エマーソン)

「永遠の結婚とは、実際のところ、完全な進歩をめざし、ふたりで助け合って成長しようと誓約することではないでしょうか。」(トーマス・W・ラデーン)

「父親が息子に与えることのできるものの中で、母親を愛していると伝えることほど貴い ものはありません。」(H・バーク・ピーターセン)

「理想的な夫を持っていると思っている女性は…すべて理想的な妻である。」(ブース・ターキントン)

2012年1月 2日 (月)

「決然として立ち向かえ」

Winstonchurchill02イギリスの元首相ウィンストン・チャーチルは、次のように語っています。

「危険が身に迫った時、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が二倍になる。しかし、決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出合っても決して逃げ出すな、決して。」

1940年から1945年にかけてイギリス戦時内閣の首相としてイギリス国民を指導し、第二次世界大戦を勝利に導いた彼の決意が込められた言葉です。

私たちも日々の生活の中で、時として逃げ出したいような気持ちに駆られる場面が多々あると思います。特に受験やテスト、実習やレポート提出など、非常に大きなプレッシャーを感じるようなものもあるでしょう。でも、それから逃げないで真正面からぶつかって行きなさいと諭しています。

逃げないで一生懸命取り組めば、どのようなことでもたやすくやれるようになります。それは目の前に現れる様々なチャレンジが小さなものになるのではなく、私たちの能力が高められるからです。

決して逃げることなく『自分にはできる!』と信じて努力し続ける人に、天は物事を断固として行う決意や信仰、それをやり抜く霊性と力を与えてくださいます。

今直面しているそれぞれの課題に真正面から熱心に取り組みましょう!チャーチル首相が言うように『決然として立ち向かう』のです。

2012年1月 1日 (日)

世の為、人の為に天与の道を歩む」

Matsushitakounosuke01経営の神さまと呼ばれる松下幸之助氏は次のように語っています。

「世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。」

「無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。」

この2つの言葉に共通する事柄は、世のため、人の幸福のために全力を尽くすべし、そうすればおのずと自らにも福がもたらされ、目標や夢が実現するようになるということでしょう。

また、松下氏は次のようにも語っています。

「人生には損得を超越した一面、自分がこれと決めたものには命を賭けてでも、それに邁進するという一面があってもよいのではないだろうか。」

人には、それぞれその人に与えられた天命というものがあると信じています。それは単に自らが幸せになるというだけではなく、人々を幸せにすることからもたらされる大きな喜びにつながる務めです。そのような務めを見いだし実際に損得を考えずに邁進できる人は本当に幸せだと思います。

もちろんその道は、平坦ではなく、歩み進んで行くに簡単でもないでしょう。でも、困難と闘いながらもその道を歩める人は、また歩んでいると実感している人は本当に幸せだと思います。

松下氏は次のようにも語っています。

Matsushitakounosuke02

「自分には自分に与えられた道がある。
 天与の尊い道がある。
 どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。
 自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。
 広いときもある。狭いときもある。
 のぼりもあれば、くだりもある。
 坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。

 この道が果たしてよいのか悪いのか、
 思案にあまるときもあろう。
 なぐさめを求めたくなるときもあろう。
 しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

 あきらめろと言うのではない。
 いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、
 とにかくこの道を休まず歩むことである。
 自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
 自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

 他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、
 道は少しもひらけない。

 道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。
 心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
 それがたとえ遠い道のように思えても、
 休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。
 深い喜びも生まれてくる。」

天より自らに与えられた道を見いだし、ひたすら懸命に歩み、努め励みましょう。これが、真の喜びを得る確実な方法のひとつだと確信しています。

« 2011年12月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック