« 「心が通い合う家族を築く」 | トップページ | 世の為、人の為に天与の道を歩む」 »

2011年12月31日 (土)

「あなたの心の中の最良のものを…」

01私が心から尊敬するマザー・テレサは、次のような詩を詠んでいます。彼女の高潔さを示すひとつの象徴的な詩といっても良いと思います。

自らの必要を顧みることなく、助けを必要とする周りの人々に常に手を差し伸べるべくすべてを捧げて行動する人格者の清い魂の発露です。

「あなたの心の中の最良のものを」

人は不合理、非理論、利己的です。
気にすることなく人を愛しなさい。

あなたが善を行うと利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく善を行いなさい。

目的を達しようとする時、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなくやりとげなさい。

善い行いをしてもおそらく次の日には忘れ去られるでしょう。
気にすることなくし続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとがあなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。

あなたの作り上げたものが壊されるでしょう。
気にすることなく作り続けなさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。
蹴り落とされるかもしれません。
それでも気にすることなく最良のものを与え続けなさい。

私たち凡人には到底まねの出来ないような生き方かもしれませんが、めざすべき目標であり、理想です。心からそのような人物に近づきたいと思います。

特に、自らに利益をもたらさないものには、目もくれないという風潮が広がる今の世の中にあって、灯台の光のような存在です。

Candle01明かりは、たとえそれがどんなに小さなものでも、闇が深ければ深いほど遠くまで見えるものです。どんなに小さくても、どんなにささやかでも、良い行い、親切な行いは人々の心に温かな感動や希望を与えることが出来ます。

灯台のような光ではなくとも、たとえろうそくのような小さな明かりでも、「気にすることなく」精一杯輝かし続けましょう。たとえ「蹴り落とされても」気にすることなく「最良のもの」を与え続けましょう。

« 「心が通い合う家族を築く」 | トップページ | 世の為、人の為に天与の道を歩む」 »

「奉仕・隣人愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/43569882

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたの心の中の最良のものを…」:

« 「心が通い合う家族を築く」 | トップページ | 世の為、人の為に天与の道を歩む」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック