« 「まず、自分自身を変える」 | トップページ | 「カレブのために立ち上がろう……」 »

2011年12月 7日 (水)

「思いと健康1」

Jamesalen01ジェームズ・アレン特集第八弾です。彼は次のように語っています。

「病気と健康は、環境同様、心の中でめぐらされる思いの明らかな現れです。病的な思いは、それ自身を病的な肉体を通じて表現します。恐れは、人間を弾丸にも劣らぬ速さで殺すことさえあります。

病気を恐れながら生きている人たちは、やがてそれを実際に手にする人たちです。あらゆる種類の不安が肉体を混乱させ、混乱した肉体は、病気に対して無防備です。」

「病は気から」という言葉がありますが、文字通り、病気と健康は心の中でめぐらされる思いが、具現化したものだと教えています。

ということは、どのような病でも「必ずやよくなる!」という思いをもって、医師との相談と適切な治療および知恵を用いた最善の努力により、状況は必ずや良い改善の方向へ進むことになります。

そしてそれは、私たちの健康全般に当てはめることのできる原則だと説いています。

常に前向きな思いを持ち、知恵を用いて食生活に気をつけ、そして適切な運動を心がけながら努めるならば、私たちはさらに健康になれるでしょう。

« 「まず、自分自身を変える」 | トップページ | 「カレブのために立ち上がろう……」 »

「励まし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/43287251

この記事へのトラックバック一覧です: 「思いと健康1」:

« 「まず、自分自身を変える」 | トップページ | 「カレブのために立ち上がろう……」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック