« 「あらゆる成功が努力の結果2」 | トップページ | 「シークレットサンタ」 »

2011年12月21日 (水)

「一眼 二足 三膽 四力」

01「一眼 二足 三膽 四力」という言葉があります。高名なゴルフのクラブハウスに飾られているゴルフに必要な4つの要因を表わしている言葉なのですが、その言葉と共に「傳柳生但馬守」と書かれてあります。「傳」とは「伝」の旧字体ですので、柳生但馬守、つまり、江戸将軍家の剣術師範を務めた柳生宗矩(やぎゅうむねのり)の言葉のようです。

つまり、「一眼 二足 三膽 四力」とは、剣術に大切な4つの注意点を表わした言葉だそうです。

「一眼」→1つめは眼。よく見ること。単純に眼に見えていることだけではなく、眼に見えない流れや相手の動きなどを読むことも含まれているようです。とにかくよく見る。

「二足」→2つめは足。よく構えること。ただ単に足を使って動くということだけではなく、動かない時でもバランスをしっかりと取って次の動きに備えるということも含まれているようです。

「三膽」→3つめは胆。強い精神を持つこと。相手を怖れない勇気や立ち向かう意気地などはもちろん、自分の小さなミスですぐ調子が狂ったりしないような大きな精神力を持つことを表わしているようです。

「四力」→4つめは力。力を発揮すること。単純にとにかく大きな力でひっぱたけ、ということではなく、状況に応じて最適な力を使うといった、力加減のバランスの大切さなのだと思われます。

私たちの日々の生活にも通じる大切な教えだと感じます。

「一眼」は、上述の事柄に加えて、物事を常に近視眼的ではなく、長期的な展望を持って見る眼、さらには自らの内なる「良心の声」に耳を傾けつつ表面的には見えない物事をも見極める眼。それを養う必要があります。

「二足」は、実際に足腰を鍛え、心のままに動ける心身のバランスを持つとともに、熱心に多くの良書に親しみ、学んだことを熱心に実践する中で決して揺るがない信念の基盤を築くこと。心の足腰をも鍛えるのです。。

「三膽」は、「二足」に誠心誠意取り組む中で育まれる精神力、人間力、生き抜く力や勇気、人格の力、感化の力です。

「四力」は、自らの「良心」の声に従うままに実際に自らを変え、自然体で他によい影響を与え、より良いものに変える力を実際に発揮すること。

これらの「眼、足、膽、力」を自分のもの出来たら本当にすばらしいと思います。私たち凡人にはもちろん簡単ではありませんが、凡人でも非凡に努力するなかで何とかなるかもしれません。

日々の生活の中で、心と魂の「一眼 二足 三膽 四力」を心に留め、それを自分のものとできるよう努めましょう。

« 「あらゆる成功が努力の結果2」 | トップページ | 「シークレットサンタ」 »

「学ぶこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/43454864

この記事へのトラックバック一覧です: 「一眼 二足 三膽 四力」:

« 「あらゆる成功が努力の結果2」 | トップページ | 「シークレットサンタ」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック