« 「最後は自らが積み上げたものが、拳に宿る!」 | トップページ | 「原因結果の法則」 »

2011年11月30日 (水)

「ジェームズ・アレン特集」

Jamesalen01以前にも紹介しましたが、私の尊敬するイギリスの哲学者にジェームズ・アレンという方がいます。

彼は1864年英国に生まれました。父の事業の破綻と死から15歳で学校を退学。以後、様々な仕事に就きながら独学で学び、38歳で執筆活動に専念します。

作家としてのキャリアは他界した1912年までの9年間と短いのですが、執筆された19冊の著書は世界中で愛読されました。

特に1902年に書かれた書籍『AS A MAN THINKETH』は、現代の成功哲学の祖として有名なナポレオン・ヒル、ディール・カーネギ、オグ・マンディーノ、ナイチンゲールなどに強い影響を与えました。いまなお、自己啓発のバイブルとして、世界中に読まれ続けています。

これからしばらくの間、彼のすばらしい霊感された教えを続けて紹介します。まずは次の名言です。

「心は、創造の達人です。そして、私たちは心であり、思いという道具を用いて自分の人生を形作り、その中で、様々な喜びを、また悲しみを自ら生み出しています。私たちは心の中で考えたとおりの人間になります。私たちを取り巻く環境は、真の私たち自身を映し出す鏡に他なりません。」

人は自分が思うような人物になり、望むような幸福な人生を送れると教えています。世の偉大な功績を残した高潔な人物たちのようになりたいと強く望み、最善の努力を重ねれば、人は必ずその望みの通りの人物になれると教えています。

文字通り、人はその思いと望みのままに、自らの人格を高め、生活や人生をより良いものに変えていく力、周りの人々によい感化を与える力を自らの内に秘めているのです。

« 「最後は自らが積み上げたものが、拳に宿る!」 | トップページ | 「原因結果の法則」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/43198820

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェームズ・アレン特集」:

« 「最後は自らが積み上げたものが、拳に宿る!」 | トップページ | 「原因結果の法則」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック