« 「決してあきらめずに夢に挑戦しよう!」 | トップページ | 「人に心から仕え、与える」 »

2011年10月30日 (日)

「成功の鍵-限界を乗り越える努力と忍耐」

Inamorikazuo1 京セラKDDI創業者である稲盛和夫氏が次のように語りました。

「成功する人と、そうでない人の差は紙一重です。

成功しない人は、必ずしも責任感がないというわけではありません。実際誠意があり熱意もあり、仕事熱心な人が多く、その点では大成功を収めた人と何ら変わりありません。

それにもかかわらず、ある人は成功し、ある人は失敗します。

世の中が不公平だと思うかもしれませんが、実際両者の間には紙一重なのですが違いがあるのです。そしてそれは突き破るのが難しい壁でもあるのです。

その違いは、粘り強さと忍耐力です。

失敗する人は、壁につきあたった時、実際できないものと、はじめから決めてかかっているのです。言い換えれば、努力をすることはするのですが、あるレベル以上はしないのです。

『ここまでしかできない』といった頑固な固定観念を持っていると、壁を破り、一線を越えて成功にいたることができなくなります。

その壁をついに突破したという自負と自信により、より粘り強い性格が形成され、その粘り強さがさらに大きな成功へと導いてくれるのです。」

成功者とそうでない人の差は、「ここまでしかできない……」と思うか「ここまでできた!よし、最後まで頑張ろう!」と思えるかというわずかな差なのでしょうね。

「人事を尽くして天命を待つ」という私の大好きに格言がありますが、私はそれをいつも「天命を信じて人事を尽くす」と前半と後半を入れ替えて口にします。

後者は、成功するまで忍耐し、努力し続けるという稲盛氏の教えに相通ずるものがあると思うからです。

「ここまでしかできない」との頑固な固定観念を打ち破り、自らの壁を打ち破って大きな自信と喜びが得られるよう心して努めたいと思います。

« 「決してあきらめずに夢に挑戦しよう!」 | トップページ | 「人に心から仕え、与える」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/42746933

この記事へのトラックバック一覧です: 「成功の鍵-限界を乗り越える努力と忍耐」:

« 「決してあきらめずに夢に挑戦しよう!」 | トップページ | 「人に心から仕え、与える」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック