« 「生徒の人生を救った偉大な教師」 | トップページ | 「試練や苦難は学びや成長の最大の機会」 »

2011年10月28日 (金)

「毎日一歩進む」

Yukawahideki1日本の理論物理学者で、中間子理論の提唱などで原子核・素粒子物理学の発展に大きな功績をあげ、1949年(昭和24年)日本人として初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹氏がかつてこう語りました。

「一日生きることは、一歩進むことでありたい。」

どのような状況に自分の身を置くことになろうとも、一日一日が少しでも成長し、進歩する一日になれれば、本当に素晴らしいと思います。

よく人の悩み事相談を受けるある方が、相談の中でいつも使う決まり文句があるそうです。

それは、「それで、あなたはその経験から何を学びましたか?」だそうです。

つまり、失敗してもいいのです。大切なことは「その経験から何を学んだかだ」ということです。彼はいつもそのように諭すそうです。

そのようにどのような事柄からも学ぶ気持ちさえあれば、たとえ失敗してもそこからも学び、一歩進むことにつながります。 謙虚に歩み努めるならば、どのような状況にあっても昨日よりも今日、今日よりも明日さらに成長している自分を見いだすことでしょう。

毎日が「一歩進む」すなわち「少し成長し進歩する」一日一日となれるよう努めたいものです。

« 「生徒の人生を救った偉大な教師」 | トップページ | 「試練や苦難は学びや成長の最大の機会」 »

励まし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「毎日一歩進む」:

« 「生徒の人生を救った偉大な教師」 | トップページ | 「試練や苦難は学びや成長の最大の機会」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック