« 「人に心から仕え、与える」 | トップページ | 「転んだ数だけ起き上がる」 »

2011年10月31日 (月)

「熱意は失敗を乗り越え運命を切り拓く」

Hondasouichiro1 あの世界の「ホンダ」を築いた努力の天才本田宗一郎氏は次のように語りました。

「成功は、失敗と反省の繰り返しによってのみ達成される。

多くの人たちは、失敗を怖がり成功のみを求めるが、私の考えでは、成功とは仕事の1%であり、それは、失敗とも言うべき99%の仕事によってもたらされたものである。

……私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。私の仕事は失敗の連続である。」

失敗を恐れず、自らの夢に向かって、あるいは自らの良心に照らして正しいと確信している事柄を熱心に行う心の若さと勇気を持つべきだといつも思います。

あの松下産業を大成させた松下幸之助氏も次のように語っています。

「熱意のたぎっているところ、人は必ず新しい道を開きます。常識では考えられないことをやってのけ、運命を切り開き新しい発明発見をします。常識を破るのです。」

何を大切に思うか、それによって何を望むかが決まり、何を望むかによって何を行うかが決まります。何を行うかによって何を達成するかが決まります。そして自分がどのような人物になるかが決まると思います。そして、その思いと望みの強さが人を力強い行動へと駆り立て、奇跡を起こし、新しい未来を切り拓くのです。

何を大切に思うか、その出発点を間違うと自らの人格や人生の幸福にさえ大きな影響を与えかねませんが、世のためになる価値ある事柄に取り組むとき、「熱意をたぎらせて」とことん努め励むことは、本当に大切だと思います。これこそ真の成功の鍵なのでしょう。

凡人の私も、何はなくとも、まがいなりにも「努力の天才」になれるよう努めたいと思います。

« 「人に心から仕え、与える」 | トップページ | 「転んだ数だけ起き上がる」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/42778306

この記事へのトラックバック一覧です: 「熱意は失敗を乗り越え運命を切り拓く」:

« 「人に心から仕え、与える」 | トップページ | 「転んだ数だけ起き上がる」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック