« 癌と闘うミエルさん、mikannさん、岡田さん、皆さんへ-幼子よりの手紙3 | トップページ | 北谷第二小学校の幼子たちへ-ミエルさんからの手紙 »

2006年5月24日 (水)

風薫る 初夏のやわ雨 すがすがと キュウリ伸びゆく 竿先越えて

Kyuri001 オジーやオバーは、子供たちや特に孫たちを連れて畑に入り、野菜や果物を収穫するのを本当に楽しみにしています。

何よりも収穫する際の子供や孫たちの喜ぶ顔が、また何とも言えない満ち足りた思いをオジーやオバーに与えてくれるのです。

トマトやナス、キュウリ、大根、オクラ、白菜にキャベツ、ほうれん草やからし菜をはじめグァバにアセローラ、バナナにパパイヤ等のおいしい実にいたるまで、収穫は本当に豊富。

オジーやオバーは、まさに篤農家です。

孫たちがおじいちゃんと共に菜園でキュウリに取り組んだ時のことです。

梅雨時のほどよい雨をぐんぐん吸収して、日毎に大きく成長していくキュウリの勢いのすごさに孫たちも感動しています。

2、3日おきに畑に来るたびに、また一雨毎に、キュウリの背丈はぐんぐん伸び、支柱を越える勢いです。

キュウリの実自体も勢いよく大きくなっています。

畑仕事を手伝う孫たちの成長と重なって、オジーやオバーも嬉しそうです。

子供や孫たちにとっても自然から多くのものを学ぶ本当にいい機会です。

ある方が、次のような含蓄のある言葉を紹介してくれました。

「花に囲まれて育った子供は、2人の母を持っているに等しい。」

まさにそのとおりだと思います。

花を愛し、慈しみ育てる中で、無条件の愛情で優しく包む母親のような温かさを感じながら、心癒され、心満たされ、心身共に健やかに過ごし成長できます。

この言葉を少しもじって次のように言えるかも知れません。

「野菜や果物を養い育て、それに囲まれて育った子供は、2人の父親を持っているに等しい。」

畑仕事は時として土や汗にまみれる決してやさしい仕事ではありません。

時として自然の厳しさを学ぶと共にそれに対処する気概や強さを学びます。

自然の恵みの豊かさやありがたさ、生き物への慈しみ、そして野菜の成長過程で様々に好奇心をそそられ、たくさんのことに気づき、学び、知恵や喜びを得ていきます。

自然はまさに偉大な教師であり、家族の絆を深める仲立ちとなり得る友であり、子らの成長を優しく促す温かな父や母のようなものです。


« 癌と闘うミエルさん、mikannさん、岡田さん、皆さんへ-幼子よりの手紙3 | トップページ | 北谷第二小学校の幼子たちへ-ミエルさんからの手紙 »

「家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/1923139

この記事へのトラックバック一覧です: 風薫る 初夏のやわ雨 すがすがと キュウリ伸びゆく 竿先越えて:

» 着物と暑さとの戦い [着物・和服なんでも情報うぇぶ]
夏の日差し対策に!流行しないかな?和傘な日傘。家庭菜園のトマトの花が咲きました [続きを読む]

« 癌と闘うミエルさん、mikannさん、岡田さん、皆さんへ-幼子よりの手紙3 | トップページ | 北谷第二小学校の幼子たちへ-ミエルさんからの手紙 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック