« 働き者(虫?)&名建築家(虫?)-クマゼミの幼虫 | トップページ | オジー・オバーの祈り2 »

2006年5月11日 (木)

オジー・オバーの祈り

Umitosora20 以前にも紹介しましたが、私は、詩人須永博士さんの詩が大好きです。

須永さんの作品は、つらく悲しい立場にいる人の痛みを自らの痛みとして感じて励ます温かさと優しさに溢れています。

同時に良き事柄に向かって前向きに立ち向かっていく強さを教え、またそれを与えてくれます。

そんな須永さんの作品の中でも私は次の詩が大好きです。

    父ありて我が強さあり
    母ありて我が優しさあり
    父母の姿いつも忘れられず
    いつも我が人生の心の支えなり
            須永博士

沖縄のオジーやオバーに日々接する中で、あるいはよくよく観察する中で、須永さんには怒られるかもしれませんが、この詩を次のように書き換えてみました。

    オジーや父ありてわれらが強さあり
    オバーや母ありてわれらが優しさあり
    オジー・オバー、父母の姿いつも忘れられず
    いつもわれらが人生の心の支え
    われらが謙虚さと知恵の礎
    見えぬ大いなる力を信じ引き寄させる師なり

沖縄のオジーやオバーたちというのは、まさに祈りの民です。

自身のためにあるいは家族のため、すなわち子や孫、子孫の幸福を念じどのようなときでもどのようなことについてもトートーメー(仏壇)の前にひざまづいて、あるいは歩きながら、あるいは道ばたで腰を下ろしつつ心込めて熱心に祈ります。

沖縄は先祖崇拝の特殊な地というのが一般のとらえ方のようです。確かにそれは言えるかも知れません。

私たちのオジーやオバー・父母たちは先祖を敬い、その供養に努めるという点では他の地にはない熱の込め方があります。

ただ、母やオバーの話を聞き整理すると、単なる先祖崇拝とも違う興味深い事柄も浮かび上がってきます。

オジー・オバーたちは、人が亡くなると33年後にその人は「神」になると信じています。(イエス・キリストの33歳での復活と昇天を類推させます。)

亡くなった肉親や先祖が「神」になれるよう、またそれらの「神」が自らと家族を見守ってくれるよう熱心に供養し祈るのです。

単なる先祖崇拝と違うのは、その「神」にも大本の「神」がいます。

沖縄ではそれらを「三天の神(ミティンヌカミ)」と呼んでいるようです。

すなわち「御天大主(ウティンウフシュ)」「一味の守り神(イチミヌマモリガミ)」そして「風空気の神(カジクウキヌカミ)」の御三方です。それぞれ別々の人格(神格)を持つ独立した存在です。

キリスト教の神会の概念と以下のように本当によく似ています。

もちろん三位一体とは全く違いますが……。

「御天大主(ウティンウフシュ)」:

  全宇宙を統治する全能の神。天父。父なる神。

「一味の守り神(イチミヌマモリガミ)」:

  イエス・キリスト(全人類の救い主、贖い主)

「風空気の神(カジクウキヌカミ)」:

  聖霊(肉体を持たない霊の御方)

沖縄のオジー・オバーたちは直接、あるいは先祖に祈るときでも先祖を介して、父なる神すなわち「御天大主(ウティンウフシュ)」に祈っているのです。

一般のキリスト教徒からは、沖縄の先祖崇拝は「偶像礼拝」と一刀両断に伏されそうですが、いずれにしてもあのまさに地獄のような沖縄戦を経験し、家族すなわち子や孫の幸福、同胞の幸福を誰よりも強く強く望むオジー・オバーたちの純朴で切実な祈りには、私たちの理解をはるかに超えた大きな力があります。

深い愛情に根ざしたその心から発される祈りには、まさに「見えぬ大いなる力を信じ引き寄せ、奇跡を起こし、魂の癒しをもたらす力」があるのです。

オジー・オバーたちは、理屈抜きで文字通り「われらが謙虚さと知恵の礎、見えぬ大いなる力を信じ引き寄させる師」なのです。

オジー・オバーたちのこの祈りという「霊的な財産」を他の芸能・文化と同じように正しい形で私たち以降の世代にゆずり伝えていくことはとても価値あることだと思います。

もしかしたら、物質的な豊かさとは裏腹に、心の飢えをなかなか満たせない今の殺伐とした時代に最も必要な、真の幸福へ至る鍵のひとつかも知れません。

謙虚な心、深い愛情と感謝に根ざした心から発される祈りは、確かに奇跡と魂の癒しをもたらすからです。


« 働き者(虫?)&名建築家(虫?)-クマゼミの幼虫 | トップページ | オジー・オバーの祈り2 »

「家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/1760169

この記事へのトラックバック一覧です: オジー・オバーの祈り:

« 働き者(虫?)&名建築家(虫?)-クマゼミの幼虫 | トップページ | オジー・オバーの祈り2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック