« 挫折を乗り越えて成功を得る鍵 | トップページ | 模範で教え諭す真の師 »

2006年3月18日 (土)

イチャリバチョーデー、ヌーフィダティヌアガ

先日、沖縄の「黄金言葉」(クガニクトゥバ)について少し記しました。

「黄金言葉」とはすなわち、人の道を指し示し、良き事柄へと人を誘う、沖縄の先人たちの深い洞察と知恵に基づいて語られた数々の格言です。

そのひとつに次のようなものがあります。

イチャリバチョーデー ヌーフィダティヌアガ
「行逢ば 兄弟、何 隔てぃぬ あが」

(行き逢えば兄弟、何の隔てがあろうか。)

たとえ見ず知らずの人であったとしても、縁あって知り合い親しくなれば、兄弟のようなもの。そこには何の隔てもありませんという意味です。

この世の中、社会というものはみんなが助け合ってこそ成り立つものであり、みんなが仲良くなっていかなければやっていけません。

ですから、出逢いがあったら、その人を自分の兄弟のように受け入れて大切につき合いなさいという教えです。

なかなか言うは易く行うは難しですが、
暖かい気候の沖縄でのんびり育ち暮らしてきた多くの先輩たちは、
その教えを自然体で行いに移しています。

初めての人にも心ゆるすために、だまされる人も多いのですが……。

でも、世知辛いこのご時世であるからこそ、自分の子供たちや将来の孫たちに伝えていきたい教えでもあります。

このような「黄金言葉」に接するたびに、ある方が語ったように私も次のように思います。

 「先人・先輩の珠玉の黄金言葉
  すなわち 知恵に満ちた真理の種が

  私の心に静かに蒔かれるとき

  私の心が
 
  固い道ばたの土でないように

  また ごつごつした石のために
  根が伸びずに枯れてしまうことのないように

  はたまた いばらの地で
  この世のわずらいのために
  実のならないまま
  枯れてしまうことのないように

  そうではなく 深く耕された肥えた土で
  また 誠実な生活がおくれるところであるように……」

沖縄の「黄金言葉」、日本中どこの地域にもある知恵に満ちた格言と同じように
本当にすばらしいと思います。

スカイクエストコムの著名人のセミナーも、このような知恵ある教え-「黄金言葉」で満ちています。本当にすばらしいですよ。

「黄金言葉」、また紹介します。

« 挫折を乗り越えて成功を得る鍵 | トップページ | 模範で教え諭す真の師 »

「奉仕・隣人愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60522/1080777

この記事へのトラックバック一覧です: イチャリバチョーデー、ヌーフィダティヌアガ:

« 挫折を乗り越えて成功を得る鍵 | トップページ | 模範で教え諭す真の師 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック